スワップ取引

スワップとは交換と言う意味を持ち、スワップ取引は、受渡し期日の違う2種類の通貨間の売買を同時にする取引をスワップ取引といいます。
売り・買いの両方の取引を同時に行うため、期日のズレから発生する売買相場の差額で取引します。
この時の差額をスワップコストと言います。つまり、スワップ取引は2種類の通貨(例:米ドルと円)の売買によって、発生する2国間の金利差調整のことを言います。
金利の安い通貨を売って、金利の高い通貨を買っている時に、その金利の差額分の受け取り(スワップメリット)が発生し、反対に金利の高い通貨を売って金利の安い通貨を買う場合は、金利の支払い(スワップコスト)が発生します。
(スワップメリット・スワップコストは翌日にポジションを持ち越さなかった場合は発生しません)

 

スワップ金利は、取引する通貨ペアの国の政策金利を反映した市場金利で決定します。
国によって政策金利の水準は異なっており、さらに市場金利はその時の経済状況によっても大きく変動します。
スワップ金利は、その国の経済の状況等で金利は大きく変わります。
2国間の金利差が変わるということはスワップ金利も変動します。
金利の変動については、十分留意しておく必要があるでしょう。

スワッポポイントについてーFX口座を開く前にチェックすること記事一覧

スワップポイントの魅力ーFX口座を開く前にチェックすること

FXをやられている方からするとスワップポイントを狙って取引されている方も多いと思います。ちなみにスワップポイントとは金利差の調整分を受け取れるものとなっており、簡単に言えば金利の高い通貨を購入しておけば低い通過との金利の差を受け取れる制度となっていて、なんといっても毎日受け取れるというのが大きなポイ...

≫続きを読む

外貨預金に似ている?ーFX口座を開く前にチェックすること

FXはその名前のとおり外国為替を運用して利益を出すことを狙った投資方法です。そしてその取引の形によっていくつかの取引方法があります。普通わたしたちがFX取引という時はは外国為替の売買差額を狙う方法を指しますが、たとえばディトレードなどやスキャルピングのような短時間での運用もその中に入ります。また最近...

≫続きを読む

通貨ペアによる違いーFX口座を開く前にチェックすること

FX取引を行なっていると、自分が持っているポジションの欄にスワップポイントという項目があるのがわかります。これはポジションの通貨ペアの金利差から生じるもので、ポジションを持ち続けている間は毎日自分の取引口座に加算されることになります。しかし金利差から生じるため、必ずしも加算されるケースばかりではあり...

≫続きを読む